住宅街

小難しい不動産売却を考えている|お役立ち情報がココにあります

転勤中の留守宅を有効活用

一軒家

留守宅を賃貸に出す方法

住宅ローンを組んで念願のマイホームを手に入れても、その後で海外赴任や遠隔地への転勤が決まる場合があります。従来はせっかく手に入れた家を泣く泣く手放すしかなかったのですが、近年では留守宅を賃貸に出す人が増えています。この手法をリロケーションと言い、不動産会社が設立した専門の子会社などが仲介に当たっています。こうしたリロケーション会社を利用すれば、転勤で留守にしている間も家を有効活用できます。留守の間何年も放置していると家が急速に劣化してしまうため、空き家管理サービスは従来から存在しました。最近ではこれをさらに一歩進め、入居者を募集して賃貸収入を得る手法が主流となりつつあるのです。そのような期間限定の賃貸住宅も、社宅などの需要を持つ企業を中心に利用が増えています。いくら長期間使わないからと言って、自分の家を他人に貸すことに抵抗を覚える人も少なくはありません。リロケーション会社を利用しない場合では、転勤先で借りる住居の家賃と住宅ローンの二重払いが生じてしまいます。経済的負担を軽くするためにも、こうしたリロケーションのテクニックを有効活用して収入を得るのが賢いやり方なのです。

面倒な管理業務も全面委託

リロケーション会社は不動産会社のプロが運営しているため、賃貸住宅に関するノウハウを豊富に持っています。サービスもリロケーションに特化しており、面倒な管理業務をすべて引き受けてくれます。転勤が決まった際には転居先に払う家賃の都合から、できるだけ早く賃貸収入を確保したいものです。入居者の募集から賃貸契約までを迅速に実行できるリロケーション会社ほど、独自の集客ルートを持っています。転賃借方式ですので賃貸契約はリロケーション会社と入居者との間で結ばれ、家賃滞納があった場合の対応なども全面委託できます。転勤が終わって元の家に帰りたい場合には、明渡保証サービスがあると安心です。通常は最低でも3ヶ月前に告知し、入居者に家を明け渡してもらうことになります。中にはなかなか退去に応じない入居者もいるため、この間はホテルやウィークリーマンションなどでの生活を強いられるのです。明渡保証サービスがあればそれまで通りの賃貸収入が保証されます。マイホーム資産を有効活用できるリロケーションは、今後さらに普及が加速すると予想されます。会社の都合で一時的に転勤することになっても、帰る家があるというのは心強いものです。